Event is FINISHED

<シンポジウム>長寿社会を共創する

Description
11月15日20時をもって、お申し込みを締め切りました。
多くのお申込みのほど、ありがとうございます。
現時点でまだお席に空きがありますので、当日参加も受け付ける予定です。
よろしくお願い申し上げます!

-------------------------------------------------------------------------------------------
JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)にて採択された「高齢社会課題解決に向けた共創拠点の構築」プロジェクト活動の一環であると同時に、高齢社会共創センター創設を記念するシンポジウムとなります。

長寿を謳歌できる地域社会コミュニティを実現するには、セクターを超えた共創と、
それを支える人・情報・組織をつないだネットワークが重要です。
第1部では「いきいき活躍」をテーマに、地域で取り組む共創とは何か、紐解きます。
第2部では、活力と魅力ある持続可能な社会の実現を目指して、
産官学民による共創を支えるプラットフォームのあり方に迫ります。
人生100年時代を真に喜べる社会の実現に向け、共創に関する対話に是非ご参加ください。
※ 事前登録制/席の空き状況に応じて、当日参加も受け付け予定)
※ Faxでのお申し込みも可能です。申込用チラシはこちら

第1部「高齢社会を舞台とした共創」
「いきいき活躍」の実現を目指した産官学民協働による取り組みが、各地で進められています。その中から、富山県富山市における「歩きたくなるまちづくり」と、奈良県下市町における「楽で楽しい営農コミュニティづくり」をご紹介いただきます。2つの事例から、地域とともに進展する「モノ・サービス・仕組み」の共創について議論します。

第2部「高齢社会共創プラットフォーム構想」
~価値共創を実現する拠点機能とリビングラボ~
これからの社会の共創に向け、課題解決型の産官学民ネットワーク拠点の構築に着手しています。そこで、吉川洋氏による高齢社会の成長戦略に関する特別講演を土台に、長寿社会の共創を推進するアクション拠点機能に関して、産官学民によるパネルディスカッションを行います。
共創プラットフォームを目指して立ち上がった高齢社会共創センターが担うべき役割を明確にし、新しい価値共創の方策に迫ります。

プログラム・登壇者(予定/敬称略)
12:00~ 開場
13;00~ 開演
13:10~ 第1部「高齢社会を舞台とした共創」
事例①「歩きたくなるまちづくり」中林美奈子 (富山大学大学院医学薬学研究部准教授)
事例②「楽で楽しい営農コミュニティづくり」寺岡伸悟 (奈良女子大学 文学部 教授)
ディスカッション
モデレーター  佐藤 滋 (早稲田大学 研究院教授)
コメンテーター 辻 哲夫 (東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)

15:00~ 第2部「高齢社会共創プラットフォーム構想」
特別講演 吉川洋 (立正大学 経済学部 教授、東京大学名誉教授)
     エイジノミクス~高齢社会の成長戦略~ をテーマとしたご講演を予定
パネルディスカッション
モデレーター  秋山弘子 (東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)
コメンテーター 吉川 洋 (立正大学 経済学部 教授、東京大学名誉教授)
パネリスト (五十音順、都合により変更となる可能性あり)
        浅野 大介 経済産業省 大臣官房 政策審議室 企画官
        鈴木 隆雄 桜美林大学 老年学総合研究所 所長
        関根 千佳 株式会社ユーディット 会長兼シニアフェロー
        田中  智 三井住友銀行 法人戦略部 副部長

主催:東京大学高齢社会総合研究機構、高齢社会共創センター
後援:日本生命保険相互会社、セコム株式会社、大和ハウス工業株式会社、
   三井住友フィナンシャルグループ
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#295400 2017-11-15 11:14:44
More updates
Thu Nov 16, 2017
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学 伊藤国際学術研究センター「伊藤謝恩ホール」
Tickets
自由席 FULL
Venue Address
東京都文京区本郷7−3−1 東京大学 伊藤国際学術研究センター Japan
Directions
東京メトロ大江戸線 本郷三丁目駅から徒歩6分/丸の内線 本郷三丁目駅から徒歩8分
Organizer
高齢社会共創センター
156 Followers